安田登さんオンライン講座「三流のすすめ」(全4回分)チケット #MS Live!
5f60345b4b08396fa22ef35f

販売期間
2020/09/15 00:00 〜 2020/11/19 23:59

安田登さんオンライン講座「三流のすすめ」(全4回分)チケット #MS Live!

¥5,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

sanryu_yasuda.pdf

185KB

安田登さん講座「三流のすすめ」10、11月(全4回分)のオンラインチケットです。 【日程】 10月8日、22日、11月5日、19日 (隔週木曜日開催) 【開催時間】 19:00~21:00(10分休憩あり) ※お申込みいただいた方には、毎回録画動画をお渡しいたします。 ※本講座はオンライン配信です。オンラインイベントの参加方法の詳細はこちら。 https://mishimasha.com/mishinews/sugakunookurimono/001798.html ※本講座は進行の際、参加者の方のお顔が見えることはございませんので、ご安心くださいませ。 【内容】 安田先生から、本講座についていただいたコメントをご紹介いたします。 --------------------------------------- 人間には、ひとつのことを一生追い続けることができる人がいます。そのような人は「一流」を目指すことができます。しかし、どうにも飽きっぽく、あちこちと目がいってしまう人もいます。このような方は「三流」を目指す方が身のためです。本講座は後者の方のためのものです。ですから前者の方がご覧になると頭にくると思います。観ないでください。 一流、二流というのは、もともとはひとつやふたつのことしかできない人のことをいいます。こういう人は危険だと、三国時代の魏の劉邵はいいます。ほかの人のことを理解できないからです。 それに対して三流の人とは、いろいろなことをする人。何かを始めると、ほかのことに目がいって手を出してしまう。それをしていると、また別のことに目がいってしまう。そんな人です。 そのような人は、現代日本では肩身が狭い。日本では、ひとつのことをすることがいいという価値観が支配的で、、その価値観に包まれて子供の頃から生活をしているからです。 でも、僕たちはもう大人です。そんな価値観に縛られる必要はない。さまざまなことをする「三流人」を目指すというのも、ひとつの生き方です。三流でもいい、ではなく、三流がいい、そう決めることにより気が楽になり、そして可能性も広がるのです。 講座では、以下のような内容のお話をしようと思っています。 ・三流のすすめ ・古典に学ぶ三流「論語」・「中庸」・「人物志」 ・三流的生き方入門「誠」 ・三流的学習法・螺旋的勉強法 ・三流的仕事術・アルバイト法 --------------------------------------- ◆MSLive!見放題、MS Collageチケットのご案内 当月の講座が見放題になるMS Collageチケットを発売しました! 本講座も対象となります。詳細は以下ページをご覧ください。 https://mishimasha-books.shop/items/5f6024c43ae0f45eeaa89090 安田登(やすだ・のぼる) 1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、さまざまな活動を行う。著書に『あわいの力~「心の時代」の次を生きる』、コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』(以上、ミシマ社)、『異界を旅する能~ワキという存在』(ちくま文庫)、『能~650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。~古代中国の文字から』(新潮文庫)など多数。