期間限定配信(11/30)まで「ちゃぶ台編集室」(ゲスト:tento 漆原悠一)動画#MSLive!
5f9a8212f0b1083e1494e03c

2020/11/30 23:59 まで販売

期間限定配信(11/30)まで「ちゃぶ台編集室」(ゲスト:tento 漆原悠一)動画#MSLive!

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

1029tyabudaidouga.pdf

142KB

9/30に開催した 、「ちゃぶ台編集室(ゲスト:tento 漆原悠一)」のアーカイブ動画チケットです。(2時間ほど) 当日ご都合があわなかった方も、ぜひこの機にご視聴くださいませ。 ※ご購入いただくと動画視聴URLが記載されたPDFファイルがダウンロードできるようになります。 ※動画はダウンロードはできず、サイト上で11月30日(月)までの期間限定でご視聴いただけます。 【イベント内容】 6月から月に一度開催してきた「ちゃぶ台編集室」の最終回は、ゲストにデザイナーの漆原悠一さん(tento)をお迎えして、制作途中(開催時)にある『ちゃぶ台6』の誌面や表紙デザインを大公開! ミシマ社から刊行されている『おなみだぽいぽい』(後藤美月 著)や『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(三砂ちづる 著)などの装丁を担当してくださっている漆原さんとともに、次なるちゃぶ台の「形」を考えます。 『ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる』 https://mishimasha.com/books/chabudai06.html 【参加者の方のご感想】 ・値段のことやデザインの変遷など、『ちゃぶ台6』が今まさに作られているんだなと言うライブ感を味わいながら非常に興味深く視聴しました。どのように『ちゃぶ台6』が完成して、次お店で手に取れるのか楽しみです。 ・ああでもないこうでもないとミシマ社の皆さんで意見を出し合いながら雑誌のタイトルが決まっていくのをリアルタイムで見られたことをとても興味深く思います。他の社では出版社の中だけで決定していくプロセスを、あえて読者や参加者にリリースしながら作っていくのが素晴らしいと感じました。そのほか、漆原さんの表紙ラフ公開に加え、雑誌ちゃぶ台をどのように考えているかなど、貴重なお話も盛りだくさんで、参加できてよかったと思います。