12月3日(木)藤原辰史×松村圭一郎 対談「縁食から世界を変える」チケット #MSLive!
5fa4b028b00aa313aa862d9f

販売期間
2020/11/06 00:00 〜 2020/12/03 23:59

12月3日(木)藤原辰史×松村圭一郎 対談「縁食から世界を変える」チケット #MSLive!

¥1,650 税込

※こちらはダウンロード商品です

1203enshoku.pdf

176KB

【MSLive! オンライン配信イベント】 11月に同時発刊する『縁食論』と『ちゃぶ台6』。 その発刊を記念して、藤原辰史さん と松村圭一郎さんによるトークイベントを開催します! 孤食でもなく、共食でもなく、その中間に位置する緩やかな食の場である「縁食」的な発 想は、今号の『ちゃぶ台6』においても、重要なテーマになっています。 また『縁食論』のなかで藤原さんは「家族以外の人間が座ることのできるちゃぶ台の開発が、かつてなく求められている。」と語ります。そんな藤原さんはこの『ちゃぶ台6』を どう読み、そして松村さんは『縁食論』をどう読むのか。 相互レビューもありつつ、おふたりが「縁食」というキーワードから世界を編みなおし、 その可能性について語り尽くします。 ◆オンライン配信 詳細 12月3日(木)19:00〜20:30(途中休憩あり) ※申込者には、後日アーカイブ動画もお送りします。当日都合が合わなくてもぜひ! ※当日18:30時ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。 ◆イベント特典 今回、スロウ な本屋さんに協力書店となっていただき、『縁食論』『ちゃぶ台6』を下記URLよりご購入の方にはそれぞれメッセージカード 付きでお送りいたします。ぜひこの機会にお買い求めくださいませ! https://slowbooks.securesite.jp/shop/products/list.php?category_id=53 ◆登壇者プロフィール 藤原辰史(ふじはら たつし) 1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナ チス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合 隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の 哲学』でサントリー学芸賞を受賞。『カブラの冬』『稲の大東亜共栄圏』『食べること考 えること』『トラクターの世界史』『食べるとはどういうことか』ほか著書多数。 松村圭一郎(まつむら けいいちろう) 1975年熊本生まれ。岡山大学大学院社会文化科学研究科/岡山大学文学部准教授。専門は 文化人類学。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分 配、貧困や開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』、 『うしろめたさの人類学』(ミシマ社/第72回毎日出版文化賞特別賞受賞)、『これから の大学』、『はみだしの人類学』、『文化人類学の思考法』(共編著)など。