期間限定配信(4/30まで)榎本俊二×星野概念 「『ムーたち』ラブな精神科医と榎本俊二の妄言対談」動画
604199d66728be6ad51e54b5 604199d66728be6ad51e54b5 604199d66728be6ad51e54b5

期間限定配信(4/30まで)榎本俊二×星野概念 「『ムーたち』ラブな精神科医と榎本俊二の妄言対談」動画

¥1,870 税込

※こちらはダウンロード商品です

20210318_naiaru_movie.pdf

422KB

<MSLive! アーカイブ動画> 榎本俊二×星野概念対談 『ムーたち』ラブな精神科医と榎本俊二の妄言対談 『ないようである、かもしれない』刊行記念 ※ライブチケットをご購入の方には録画動画をメールでお送りしています。 <出演> 榎本俊二、星野概念 <内容> ◆前半:はじめましての自己紹介のようなトーク  概念さんの『ムーたち』ラブ炸裂!  オチをつける榎本さん、オチがない概念さん ◆後半:榎本さんの創作秘話に迫る!  榎本さん自ら、表紙イラスト制作の裏側を解説。  ラフスケッチを見ながら、  概念さんの文章からどのように装画の構想を練ったのか、  どんなアイディアが生まれては消えていったのか、  そして制作上の数々の奇跡、などなど猛烈に語っていただきました!  「ないようである」世界に浸る1時間43分! <本対談の前半を記事として公開しました!> https://www.mishimaga.com/books/naiyoude/003112.html <動画の一部をCMとして公開しています!> https://twitter.com/mishimasha/status/1372916178423664644?s=20 <参加者の声> ・脱線of脱線、もっと聞いていたかったです!! ・ムーたちの本もまた、読み込みたいです。表紙にめちゃめちゃ時間がかかって、色々なアイディアが炸裂していて、深い愛を感じました。 ・制作過程の話を聞くと、本のことをもっと大切にしようと思えます。世に出ている物をもっと大切にしようと思えた夜でした。 <イベント告知文> 初めての単著となる『ないようである、かもしれない ~発酵ラブな精神科医の妄言』を上梓した星野概念さん。本書では、なにも押しつけず、決めつけず、人や菌や音楽に導かれながら送る精神科臨床の日常を綴りました。 そして、そんな星野さんがファンと公言している漫画家の榎本俊二さんが、なんと本書の装画と挿画を描き下ろしてくださったのでした。 榎本俊二さんの漫画世界は、本書のテーマでもある「ないようである」ものことに充ち満ちており、「ないある」界の巨匠ともいっても過言ではありません。 今回のイベントでは、そんなお二人が、オンライン上で初対面します。 見れば見るほどに発見がある装画の制作秘話(今回は特別に、普段は公開されることのない制作途中のラフも見せていただきました!)や、星野さんによる榎本作品の「ないようである」視点での偏愛トークなどなど、ゆるゆるの妄言トークをお届けします。ふるってご参加ください! <書籍情報> 星野概念(著) 『ないようである、かもしれない 発酵ラブな精神科医の妄言』 https://mishimasha.com/books/books-naiyoudearukamo.html ※サイン本、Web販売中! イベント特別企画として、星野概念さんの直筆サイン本を数量限定で通販&店頭販売していただいています! この機をお逃しなく!、そして、いずれも素晴らしい選書の書店さんですので、ぜひ並んでいる他の書籍もご覧ください! ・往来堂書店さん(東京) https://ohraido.theshop.jp/items/41363168 ・READAN DEATさん(榎本さんがいらっしゃる広島県) https://readan-deat.stores.jp/items/604c9b6c3186255ba0fbbe56 <登壇者プロフィール> 榎本俊二(えのもと・しゅんじ) 漫画家。1968年神奈川県生まれ。『GOLDEN LUCKY』でデビューし、シュールで奥深い世界には熱いファンが多数。ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』では、Vol2~6に「ギャグマンガ家山陰移住ストーリー」を連載。著書に『ムーたち』『えの素』『思ってたよりフツーですね』など多数。 星野概念(ほしの・がいねん) 1978年生まれ。精神科医 など。病院に勤務する傍ら、執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。著書に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』『自由というサプリ』(以上、リトル・モア)がある。