【アーカイブ(視聴期間:8/14まで)】若林理砂さん連続講座「気のはなし」アーカイブ動画視聴チケット(書籍化記念復刻)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

2022/08/14 23:59 まで販売

【アーカイブ(視聴期間:8/14まで)】若林理砂さん連続講座「気のはなし」アーカイブ動画視聴チケット(書籍化記念復刻)

¥5,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

20220120_ticket.pdf

175KB

2020年秋に開催された若林理砂先生のオンライン講座「気のはなし」が、2022年1月、待望の書籍化! 刊行を記念して、書籍のもとになったオンライン講座のアーカイブ動画を復刻再販します!(大好評にお応えして、5月→8月に販売延長しました!) 各回90分×8回の大ボリュームを、 配信時の10,000円→5,000円の”書籍化記念値引き”でお届けします! 書籍に収録しきれなかった部分もたっぷりありますので、あわせてお楽しみください。 ◆各回の内容 ①「気」って、何だろう。(10/5開催) ②「孟子」の気 「荘子」の気(10/12開催) ③「老子」の気 「道教」の気(10/19開催) ④「易」の気(10/26開催) ⑤「風水」の気(11/2開催) ⑥「人体」の気(11/9開催) ⑦「日本」の気、「韓国」の(気11/16開催) ⑧「科学?」の気(11/30開催) ◆講座紹介(配信時のものです) テーマは「気のはなし」。 「気になる」「気がつく」「元気」「病気」など、「気」がつく言葉を私たちはたくさん使っていますが、あらためて「気ってなに?」と訊かれると、「うーむ」と言葉に詰まってしまう方も多いと思います。 若林さんが専門とされる東洋医学では、この「気」をベースに治療の原理や方法を考えるそうですが、西洋医学に慣れ親しんでいる人のなかには、そこに近寄りがたさを感じている方もいるかもしれません。 本講座では、そもそも、東洋思想の「気」とはどのようなものなのか、漢籍をひもときながら解説いただきます。また、日本と中国、あるいは韓国の「気」にはどういう違いがあるのか、風水や易の「気」とはなにか、科学はどう「気」を捉えようとしているか、などなど、様々な角度から「気」について考えていきます。 各回の最後の30分は質問コーナーで、「気」にまつわることでも、それ以外でも、若林さんにどんどんご質問いただけます。 皆さまのご参加をお待ちしております! また、本講座の内容はミシマ社から書籍化する予定です。 本講座に参加することで、書籍づくりに最初から立ち会えます!  ◆講師プロフィール 若林理砂(わかばやし・りさ) 臨床家・鍼灸師。1976年生まれ。高校卒業後に鍼灸免許を取得。早稲田大学第二文学部卒(思想宗教系専修)。2004年に東京・目黒にアシル治療室を開院。現在、新規患者の受け付けができないほどの人気治療室となっている。古武術を学び、現在の趣味はカポエイラ。著書に『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』(ミシマ社)、『安心ペットボトル温灸』(夜間飛行)、『決定版 からだの教養12ヵ月――食とからだの養生訓』(晶文社)、など多数。 ◆若林先生の書籍情報 『気のはなし 科学と神秘のはざまを解く』 https://mishimasha.com/books/kinohanashi.html →本講座が一冊の本に! 2022/1/20発売 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』 https://mishimasha.com/books/kenkonohanashi.html →大好評の既刊! 2018年発売