{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

販売期間
2022/09/19 00:00 〜 2022/11/30 23:59

【アーカイブ(販売期限11/30まで)】伊藤亜紗×村瀨孝生『ぼけと利他』刊行記念対談「ぼけの側から世界を見る」視聴チケット

¥2,420 税込

※こちらはダウンロード商品です

20220919_ticket_2.pdf

720KB

<MSLive! アーカイブ> こちらは9月19日(月)18時~開催〈伊藤亜紗×村瀨孝生『ぼけと利他』刊行記念対談「ぼけの側から世界を見る」〉アーカイブ視聴チケットです。 アーカイブ動画は、販売期限の翌月末までご覧いただけます。 <参加者の声> ・これから老いていく親のことや、自分がどのように関わっていったらいいのかなど、不安な気持ちがあるのですが、どんなことが起きるのか少し楽しみになってきました。 ・大変興味深いお話でした。紙上のきれいごとではなく、理論を超えた生の実体験からくるお話。貴重でした。 ・変わらずのゆったりとしてタガ外れたお二人の会話に吸い込まれました。 ・介護・看取りをされている村瀬さんのお話は、とても説得力があり、これまで死や老いに対して自分が抱いていた考え方と違った観点のお話をされ、大変勉強になりました。伊藤さんもテレビで拝見したことがありましたが、モノの見方が面白い方だなと思いました。 ・介護の仕事をしており、村瀬さんの大ファンです。村瀬さんの「ぼけてもいいよ」などお年寄りとのエピソードがメインの書籍もありますが、この「ぼけと利他」や今回のトークはそうしたエピソードの奥にある村瀬さんの考えや想いが言葉化されて、更に深くぼけの世界を感じることができました。 ・お二人の目を通して見た世界は、驚きがいっぱい、WEBで往復書簡を楽しみにしていました。続編も期待しています。 <出演> 伊藤亜紗、村瀨孝生 <イベント内容> 2022年9月15日、『ぼけと利他』が発刊となります。 “「利他」の問題を考えるときに、お年寄りとかかわることは究極な感じがしています” そんな伊藤さんの直観をきっかけに、2020年9月~2022年4月に交わされた36通の往復書簡。 書簡は次第に密度と深みを増し、「ぼけ」の側から見ることで、「老い」「利他」「私」「死」といった概念が次々に揺らいでいくような、スリリングで滋味深い一冊となりました。 お手紙を交わす中で、「お会いしたいですね」「この言葉は実際にはどういうイントネーションで発音されるのでしょう?」といったやりとりが、しばしばありました。このたび、満を持して伊藤さんが福岡を訪れ、村瀨さんと久々に対面。そして初めての「よりあいの森」訪問を経て、ご対談いただきます。 ぜひ、「ぼけ」と「利他」をめぐるお二人の思考の最新の地平を、一緒に体感いただけたらと思います。 <関連書籍> ~~2022年9月15日発売予定~~ 『ぼけと利他』伊藤亜紗、村瀨孝生(共著) 定価2,400 円+税 https://mishimasha.com/books/9784909394750/ <注意事項> ・アーカイブ動画は、販売期限の翌月末までご覧いただけます。 ・アーカイブ動画の転売・共有は固くお断りいたします。 ・当アーカイブに関するお問い合わせは、画面左下の「メール」マークからお問い合わせいただくか、ミシマ社オフィスまでお電話くださいませ。

セール中のアイテム