{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【オンライン配信チケット】2/13(月)松村圭一郎×齋藤陽道『小さき者たちの』刊行記念対談「小さきいのちを、生きるよろこび ~100年前の熊本、今の熊本~」#MSLive!

2,200円

※こちらはダウンロード商品です

20230213_ticket.pdf

216KB

<MSLive! オンライン配信イベント> 『小さき者たちの』刊行記念対談 「小さきいのちを、生きるよろこび  ~100年前の熊本、今の熊本~」 ライブ視聴チケットです。 ※チケット購入者にはアーカイブをお送りします。(視聴期間:1ヶ月) ※本イベントは「本屋と活版印刷所(天草)でのリアル開催」と「オンライン配信」の同時開催です。本ページは「オンライン配信」のチケット販売ページになります。 ※会場参加は満員御礼となりました。 ======================= <開催日時> 2月13日(月)19:00~20:30 <出演> 松村圭一郎 齋藤陽道 ※対談はチャットを使って行い、チャット画面をスクリーンに映し出してご覧いただく予定です。 <イベント内容> ★☆★松村圭一郎さん新刊『小さき者たちの』刊行記念・九州ツアー天草編★☆★ 2023年1月20日、文化人類学者・松村圭一郎さんの新刊『小さき者たちの』が刊行となります。 『小さき者たちの』で、初めて地元・熊本の歴史に向き合い、掘り下げた松村さん。 水俣、天草、須恵村に暮らした人々の声は、ときに生々しく、ときに活き活きと、私たちが知らなかった日本のこと、自分たちのことを教えてくれます。 水俣の公害をめぐる闘いについて、松村さんはこう書いています。 ―――――――― 問題の本質は、認定や補償ではない。世界に生かされて生きている。命がさまざまな命とつながって生きている。それを身近に感じられる世界が壊され、命のつながりが断ち切られた。水俣の漁民や被害者たちの「闘い」は、この尊い命のつらなる世界に一緒に生きていこうという、あらゆる者たちへの呼びかけだったのだ。(三、いのち より) ―――――――― 一方、齋藤陽道さんは、コロナ禍の2020年の終わりに、東京から熊本に移住されました。2人の子どもたちと一緒に、熊本の自然に、畏怖しながら触れていくフォトエッセイ(『ちゃぶ台6』~『ちゃぶ台10』に連載中)は圧巻です。移住したときのことを綴った『このたった今から始めていく』で、齋藤さんはこう書いています。 ――――――――― 先の見えない自粛三昧の一年は、次第に閉塞感をつのらせた。(…)いのち同士が、心を通わせあうところから湧きでるはずの、よろこびは、どこ? どこ? どこ? いったい、どこへ? すべてのいのちに平等に拓かれているものたちにつつまれながら、そのなかを巡りゆくよろこび。 ――――――――― 齋藤さんがフォトエッセイで綴る言葉は、『小さき者たちの』に出てくる100年前の人々の言葉と、不思議なほどに響き合います。 松村さんが、本書を紡ぎながら考えたこと、熊本で生まれ育って感じてきたこと。 齋藤さんが、熊本に移り住んで、感じていること。 天草の地で、語らっていただきます。 <関連書籍> ~~2023年1月20日発売~~ 『小さき者たちの』松村圭一郎(著) https://mishimasha.com/books/9784909394811/ 生活者のための総合雑誌 『ちゃぶ台10 特集:母語ボゴボゴ、土っ!』 https://mishimasha.com/books/9784909394804/ →齋藤陽道さんのフォトエッセイ「恩言語を宿らせる」掲載! <登壇者プロフィール> ◆松村圭一郎(まつむら・けいいちろう) 1975年熊本生まれ。岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。所有と分配、海外出稼ぎ、市場と国家の関係などについて研究。著書に『うしろめたさの人類学』(第七二回毎日出版文化賞特別賞)、『くらしのアナキズム』(以上、ミシマ社)、『はみだしの人類学』(NHK出版)、『これからの大学』(春秋社)など、編著に『文化人類学の思考法』(世界思想社)、『働くことの人類学』(黒鳥社)。 ◆齋藤陽道(さいとう・はるみち) 1983年東京都生まれ。都立石神井ろう学校卒業。写真家。熊本在住。著書に『声めぐり』『異なり記念日』、写真集に『それでも それでも それでも』『感動』〈2011年刊〉、『感動、』〈2019年刊〉など。2022年5月に、『育児まんが日記 せかいはことば』を発表。生活者のための総合雑誌「ちゃぶ台」(ミシマ社編)で連載中。 ーーー <参加方法> ・ご購入いただくと、チケットPDFファイルをダウンロードできます。そちらに記載の配信URLよりご参加ください。以下ページに詳しい手順をまとめています。 https://www.mishimaga.com/books/ms-live/002930.html <注意事項> イベントチケットの共有は固くお断りいたします。 申し込み名義と配信参加時のお名前が異なる場合、視聴できない場合があります。 当イベントに関するお問い合わせは、本ページ左下の「メール」マークからお問い合わせいただくか、ミシマ社オフィスまで電話くださいませ。

セール中のアイテム