{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2/28(水)小山哲・藤原辰史 「中学生から知りたいウクライナのこと――侵攻から2年が経って」ライブ視聴チケット

1,650円

※こちらはダウンロード商品です

20240228ticket.pdf

180KB

<MSLive! オンライン配信イベント> 2/28(水)に開催する小山哲・藤原辰史 「中学生から知りたいウクライナのこと――侵攻から2年が経って」のオンラインライブ視聴チケットです。 <出演> 小山哲、藤原辰史 <開催日時> 2月28日(水)19時~(21時終了予定) ※配信後、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。(視聴期間:1ヶ月間) <内容> ウクライナ侵攻から2年が経とうとしている今、私たちはウクライナについて、戦争について、どう考えていけばいいのでしょうか? 戦争があまりに長期化するなかで、日々のニュースをみる際の拠り所すら失われていっているという危機感を抱かずにはいられません。そこで、今回のイベントを企画しました。 歴史学者の小山哲さんと藤原辰史さんは、ウクライナ侵攻が起こった2022年2月24日のわずか3週間後に、緊急オンラインイベントを行い、その内容をまとめた書籍『中学生から知りたいウクライナのこと』を同年6月に上梓しました。 本書は「ウクライナの歴史についてあまりにも知らなかった」「報道だけでは納得のいかない戦争に関して、大いにヒントを与えてくれる内容だった」「歴史を学び直す意義を実感した」といった大きな反響をいただいてきました。 2023年10月、パレスチナとイスラエルが軍事衝突し、今、ガザ地区ではイスラエル軍による大量虐殺が引き起こされています。日本でもこの間、防衛政策の拡大がはかられ、その陰で、沖縄が軍事体制の犠牲になりつづけています。 ウクライナ、ガザ、そして日本。この連関のなかで、私たちが今あらためて知っておきたい歴史、とくに、国際政治や大国史からかき消される「小さな国・地域・民の歴史」について、小山先生と藤原先生にお話しいただきます。 前半は、両先生からそれぞれ30分の講義をいただきます。後半は、講義をふまえて、お二人の対談を行います。 <関連書籍> 小山哲・藤原辰史『中学生から知りたいウクライナのこと』(ミシマ社) https://mishimasha.com/books/9784909394712/ <登壇者プロフィール> 小山哲(こやま・さとし) 1961年生まれ。京都大学大学院文学研究科教授。専門は西洋史、特にポーランド史。おもな共編著に『大学で学ぶ西洋史 [近現代]』、『人文学への接近法――西洋史を学ぶ』。2022年6月にミシマ社から『中学生から知りたいウクライナのこと』上梓(藤原辰史との共著)。 藤原辰史(ふじはら・たつし) 1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は現代史、特に食と農の歴史。主な著書に『縁食論』(ミシマ社)、『トラクターの世界史』『カブラの冬』『ナチスのキッチン』(河合隼雄学芸賞)、『給食の歴史』(辻静雄食文化賞)、『分解の哲学』(サントリー学芸賞)。2022年6月にミシマ社から『中学生から知りたいウクライナのこと』上梓(小山哲との共著)。 <参加方法> ・ご購入いただくと、チケットPDFファイルをダウンロードできます。そちらに記載の配信URLよりご参加ください。以下ページに詳しい手順をまとめています。 https://www.mishimaga.com/books/ms-live/002930.html ・当イベントに関するお問い合わせは、画面左下の「メール」マークからお問い合わせいただくか、電話(京都オフィス 075-746-3438)までご連絡くださいませ。 <注意事項> ・イベントチケットおよびアーカイブ動画の転売・共有は固くお断りいたします。  申し込み名義と配信参加時のお名前が異なる場合、視聴できない場合があります。

セール中のアイテム