{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2024/03/31 23:59 まで販売

【アーカイブ(販売期限3/31まで)】最相葉月×佐藤ジュンコ 『母の最終講義』発刊記念「書いて、生きるということ」

1,870円

※こちらはダウンロード商品です

20240206_ticket_A.pdf

134KB

<MSLive! アーカイブ> 2/6(火)最相葉月×佐藤ジュンコ 『母の最終講義』発刊記念「書いて、生きるということ」アーカイブ視聴チケットです。 アーカイブ動画は、販売期限の翌月末までご覧いただけます。 <出演> 最相葉月 佐藤ジュンコ 〈いただいたご感想〉 ・2時間でも3時間でも聞きたかったです。最後の方の最相さんの「何を以ってノンフィクション冬の時代と言うのか??」。正に取材を重ねて重ねて重ね尽くす方の、強烈な警鐘に聞こえました。本当に良いライブでした。 ・震災の話は聞けてよかった。中井久夫先生の取り組みと、相手と自分が地続きであることについて、最相さんから直接伺うことができてよかったです。 ・おだやかな語り口のお二人のやりとりが、とても心地よくてずーっと聴いていたいと思いました 。 「怒り」が行動のエネルギーやモチベーションになること、とても深く届きました。 <内容> 『絶対音感』『セラピスト』『証し 日本のキリスト者』…一冊ごとにジャンルの異なるテーマで圧巻のノンフィクションを綴る一方、エッセイ、人生案内、対談、インタビューなど、さまざまな「書く」を続けてデビュー30周年を迎えた最相葉月さん。今回初めて、「書いて、生きる」というテーマで、その足跡を振り返り、お話をいただきます。 『辛口サイショーの人生案内』シリーズで装画を描いてくださった佐藤ジュンコさんは、仙台に暮らしながらイラストレーターとして、「描いて、生きる」を続けています。最新刊『マロン彦の小冒険』の「おわりに」では、「これからも私はどうにかこうにか描いて生きて暮らしていきたい」と綴られました。  今の時代に、書いて、生きるということ。ご縁がありましたらぜひ、ご参加ください。 〈プロフィール〉 最相葉月(さいしょう・はづき) 1963年、東京生まれの神戸育ち。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療、信仰などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)、『星新一 一〇〇一話をつくった人』(大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞ほか)、『青いバラ』『セラピスト』『れるられる』『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』『証し 日本のキリスト者』『中井久夫 人と仕事』ほか、エッセイ集に『なんといふ空』『最相葉月のさいとび』『最相葉月 仕事の手帳』など多数。ミシマ社では『辛口サイショーの人生案内』『辛口サイショ―の人生案内DX』『未来への周遊券』(瀬名秀明との共著)『胎児のはなし』(増﨑英明との共著)を刊行。 佐藤ジュンコ(さとう・じゅんこ) イラストレーター。1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』『佐藤ジュンコのおなか福福日記』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(ちくま文庫)などがある。 <関連書籍> 『母の最終講義』最相葉月(著) https://mishimasha.com/books/9784909394996/ ※1/18(木)発刊! 『マロン彦の小冒険』佐藤ジュンコ(著) https://mishimasha.com/books/9784909394934/ 『辛口サイショーの人生案内』最相葉月(著) https://mishimasha.com/books/9784903908717/ ※イラストは佐藤ジュンコさん! 『辛口サイショーの人生案内DX』最相葉月(著) https://mishimasha.com/books/9784909394552/ ※イラストは佐藤ジュンコさん! <注意事項> ・アーカイブ動画は、販売期限の翌月末までご覧いただけます。 ・アーカイブ動画の転売・共有は固くお断りいたします。 ・当アーカイブに関するお問い合わせは、画面左下の「メール」マークからお問い合わせいただくか、ミシマ社オフィスまでお電話くださいませ。

セール中のアイテム