上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白
5cf7301416b7e26deb90efb5 5cf7301416b7e26deb90efb5

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

¥1,620 税込

送料についてはこちら

小田嶋 隆(著) 判型:四六判並製 頁数:208ページ 装丁:尾原史和(SOUP DESIGN) 装画:木下晋也 発刊:2018年2月26日 ISBN:978-4-909394-03-3 C0095 「50で人格崩壊、60で死ぬ」。医者から宣告を受けて20年---- なぜ、オレだけが脱け出せたのか? 「その後」に待ち受けていた世界とは?? 壮絶!なのに抱腹絶倒  何かに依存しているすべての人へ アル中は遠くにありて思うものです。 山にかかる雲と同じで、その中にいる人には、なかなか気づくことができません。 一度、雲の外に出てみないと、視界が確保できないからです。 私の告白が、雲の中で苦しんでいる仲間にとっての蜘蛛の糸みたいなものになったら良いなと思っています。 まあ、私はお釈迦さまではないわけですが。 (告白─ 「まえがき」に代えて より) ●著者情報 小田嶋隆(おだじま・たかし) 1956年東京赤羽生まれ。幼稚園中退。早稲田大学卒業。一年足らずの食品メーカー営業マンを経て、テクニカルライターの草分けとなる。国内では稀有となったコラムニストの一人。著書に『小田嶋隆のコラム道』(ミシマ社)、『ポエムに万歳!』(新潮文庫)、『地雷を踏む勇気』(技術評論社)、『超・反知性主義入門』(日経BP社)、『ザ・コラム』(晶文社)など多数。