小さな会社でぼくは育つ
5d1588ee1bc6e81a47a5790c

小さな会社でぼくは育つ

¥1,650 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

神吉 直人(著) 出版社:インプレス(編集・ミシマ社) 判型:四六判並製 頁数:224ページ 発刊:2017年1月27日 ISBN:9784295000648 ◎ミシマ社編集・インプレス刊行のシリーズ「しごとのわ」第1弾 中小企業で働くすべての人へ。小さな会社で成長する働き方を知る! 日本の 99.7%は中小企業です。「安定していない」「しっかりした研修がない」「人材不足」という声もあるけれど、働くメリットとして、一人の責任が大きくやりがいを感じやすいことが挙げられます。大企業と比べ、成長できるチャンスがたくさん転がっているのです。 「誰も教えてくれない、やることは山ほどある」と嘆く若手や、指導に悩む先輩や経営者。大企業への就職しか視野をいれてなかった学生・・・小さな会社で働くすべての人に、そこで働く魅力と成長の秘訣を、経営学の先生が語ります。 ●著者プロフィール 神吉直人(かんき・なおと) 1978年兵庫県姫路市生まれ。 京都大学経済学研究科修了。博士(経済学)。専門は経営組織論。神戸大学、香川大学を経て、現在は追手門学院大学経営学部経営学科准教授。研究の傍ら合気道にも足しげく通い、フットサルもお酒も(麻雀も)たしなむ。 ●「しごとのわ」とは? 仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。 小さい輪でも大きな輪でも構いません。会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。 仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いから、ミシマ社とインプレスの2 つの出版社で起ち上げたレーベルです。 ●担当より ビジネス書売り場にはたくさんの本が並んでいますが、大企業で働いている人を前提としたものが多く、小さな会社で働くことに特化したものが少ないなと感じていました。そこで経済学の先生である神吉さんにとことん優しく、小さな会社で働く姿勢について書いてもらったのが本書です。自分自身、ミシマ社という中小企業に新卒で入社して、こんな本が新人だったころにあったらよかったのになぁと思うようなあたたかい本ができました。 これから小さな会社で働くという新人さん、今まさに渦中にいる若手、これから後輩を育てていく先輩へ、そっと背中を押してくれる応援本です。