時代劇聖地巡礼
other
604ed4382438603293b99bd2

時代劇聖地巡礼

¥1,980 税込

送料についてはこちら

※ 2021年4月下旬 発送予定

春日太一(著) 定価:1800円(税別) 判型:四六判並製 頁数:256ページ(うち、カラーページ64ページ) 装丁:尾原史和(BOOTLEG) 発刊:2021年4月20日 ISBN:978-4-909394-50-7 C0095 ◎内容 あの江戸の景色は京都にあり。 時代劇研究家が京都・滋賀のロケ地41カ所を実際に巡り、うなり、歓喜し、記した文と写真。 ・「彦根城」は、「江戸城」「赤穂城(忠臣蔵)」「岐阜城(信長のシェフ)」などに変身 ・『鬼平犯科帳』のオープニング・タイトルバックは「下鴨神社」 ・「妙心寺」は『八丁堀の七人』『壬生義士伝』大河ドラマ『新選組!』などで、武家屋敷や寺町に変化…etc. 本書は、少しでも時代劇をご覧になった方なら「あ、ここ、時代劇で見た場所だ!」と思えるような、京都とその周辺のロケ地の数々を皆さまにご紹介。お馴染みの観光地から、何気なく通り過ぎてきた場所まで、「時代劇のロケ地」という切り口を差し込むだけで、「江戸の景色」に変貌するのです。(序章より抜粋) 現代にいながら時代劇の世界へトリップ! 時代劇ファン垂涎の一冊。 ◎著者プロフィール 春日太一(かすが・たいち) 映画史・時代劇研究家。1977年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優とスタッフたちのインタビューをライフワークにしている。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)、『すべての道は役者に通ず』(小学館)、『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)、『時代劇入門』(角川新書)、『大河ドラマの黄金時代』(NHK出版新書)など多数。 ◎目次 はじめに 序章 なぜ京都なのか? MAP1〜4 初日 下鴨神社→上賀茂神社→青蓮院→南禅寺→伏見稲荷大社→中ノ島橋(嵐山) 2日目 流れ橋→長岡天満宮(錦水亭)→光明寺→大映通り→仁和寺 3日目 等持院→大河内山荘庭園→二尊院→落合 4日目 大覚寺→広沢池→清凉寺→神護寺 5日目 妙心寺→今宮神社(参道のみ)→東福寺 6日目 梅宮大社 7日目 くろ谷 金戒光明寺→新日吉神宮→松本酒造(伏見)→宇治橘橋 8日目 隨心院→日吉大社→西教寺 9日目 彦根城→西の湖(舟下り)→八幡堀→西の湖(陸側) 10日目 今宮神社→谷山林道→沢ノ池 11日目  美山→摩気 12日目  広沢池→中之島の中州→西寿寺→化野念仏寺→東映太秦映画村→車折神社 特集コーナー 「京都、水の点描」「石段の見分け方」        「『鬼平犯科帳』エンディング映像はここで撮られた!」 あとがき 聖地巡礼リスト