縁食論 ――孤食と共食のあいだ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

縁食論 ――孤食と共食のあいだ

¥1,870 税込

送料についてはこちら

藤原辰史(著) 定価:1700円+税 判型:四六判並製 頁数:192ページ 装丁:鈴木千佳子 発刊:2020年11月20日 ISBN:978-4-909394-43-9 C0095 子ども食堂、炊き出し、町の食堂、居酒屋、縁側… オフィシャルでも、プライベートでもなく。 世界人口の9人に1人が飢餓で苦しむ地球、義務教育なのに給食無料化が進まない島国。ひとりぼっちで食べる「孤食」とも、強いつながりを強制されて食べる「共食」とも異なる、「あたらしい食のかたち」を、歴史学の立場から探り、描く。 現代社会が抱える政治的、経済的問題を「家族や個人のがんばり」に押し付けないために。 <<ミシマ社創業15周年記念企画>> ◎著者プロフィール 藤原辰史(ふじはら・たつし) 1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナチス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の哲学』でサントリー学芸賞を受賞。『カブラの冬』『稲の大東亜共栄圏』『食べること考えること』『トラクターの世界史』『食べるとはどういうことか』ほか著書多数。