other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

なんといふ空

1,980円

送料についてはこちら

※ 2024年8月下旬 発送予定

最相葉月(著) 定価:1800円(税別) 判型:四六判並製変形 頁数:224ページ 装丁:脇田あすか 発刊:2024年8月20日 ISBN:978-4-911226-08-7 C0095 ●内容 『母の最終講義』刊行後に多く寄せられた「読んでみたい」という声を受け、 最相葉月の初エッセイ集、23年の時を経て復刊。 わが心の町 大阪君のこと(映画『ココニイルコト』原作)、 声の力、ある退社、私が競輪場を去った理由…etc. 今に繫がる、48本のエッセイ。 最相葉月デビュー30周年記念企画 ●本文より 登場するほとんどのものは物理的には失われましたが、時が経っても変わらないものがあって、それがほかならぬ私自身なのだと気づかされました。(「復刊によせて」より) ●目次 Ⅰ わが心の町 大阪君のこと/側溝のカルピス/星々の悲しみ/貝殻虫/わかれて遠い人/鬼脚の涙/時をかける人 Ⅱ おシャカさまに近い人/遠距離の客/パン屋の二階/あなたはだあれ?/旨いけど/女にはわからんけど/夢見るキャッチボール/まだ、虎は見える/ジュリー、ジュリー、ジュリー/音が気になるツボ/声の力/目で聞く人/左手は戦略家 Ⅲ テーブルマナー/歩きだす谷間/赤いポストに/蕾/昆明断想/白菊/二十万人の夏/彼女の疑問/黒いスーパーマン/ドラマチック・ドラマ/ふたりのМ/サルと呼ばないで/二十五年ぶりの宝塚/こんにちは赤ちゃん/本屋へ/お花畑の悪魔/知らない作家の本を読む人/二百円の災い/なんとお呼びすれば Ⅳ 壁の穴/ふくろふはふくろふ/夢/ある写真家/ある退社/記憶/心の時間軸/私が競輪場を去った理由/手紙 あとがき 復刊によせて ●関連書籍 最相葉月『母の最終講義』 https://mishimasha-books.shop/items/656f21bd0b01f506c2b3497c ●プロフィール 最相葉月(さいしょう・はづき) 1963年、東京生まれの神戸育ち。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、精神医療、信仰などをテーマに執筆活動を展開。著書に『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)、『星新一 一〇〇一話をつくった人』(大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞ほか)、『青いバラ』『セラピスト』『れるられる』『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』『証し 日本のキリスト者』『中井久夫 人と仕事』ほか、エッセイ集に『最相葉月のさいとび』『最相葉月 仕事の手帳』など多数。ミシマ社では『母の最終講義』『辛口サイショーの人生案内』『辛口サイショーの人生案内DX』『未来への周遊券』(瀬名秀明との共著)、『胎児のはなし』(増﨑英明との共著)を刊行。

セール中のアイテム