自分と他人の許し方、あるいは愛し方
new
5ea6337d51576208d7a82cf7

自分と他人の許し方、あるいは愛し方

¥1,870 税込

送料についてはこちら

三砂ちづる(著) 定価:1700円(税別) 判型:四六判変形並製 頁数:224ページ 装丁:漆原悠一(tento) 発刊:2020年5月23日 ISBN:978-4-909394-37-8 ●内容 女性が歳を重ねて生きる、それは「喜び」のほかない。 恋愛、結婚、出産、更年期… 今ではほとんど語られなくなった、人類の深い知恵をもう一度。 ・男と女が、結婚や性愛を超えて、人生を見届け合う関係 ・社会活躍や恋愛や家族を超える、「献身」の幸せ ・からだの快を喜び、不快をはっきり伝える矜持 ・子どもに許されることと、親を許すこと ・病気の友人や故人への想いを託す言葉を見つけること…etc. 酸い甘い、古今東西、人の生き死に。 越境する思考が、先が見えない時代の足元を照らす。 ●目次 まえがき 第1章 恋も愛も超えた関係 第2章 感情のタメ、時のおもり 第3章 からだが喜ぶことをする 第4章 「活躍」の形はいろいろ 第5章 家で生まれて家で死ぬ 第6章 女を生きるのは楽しい エピローグ わたしたちは、みんな、ほめられたい あとがき ●プロフィール 三砂ちづる(みさご・ちづる) 1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。京都薬科大学卒業。ロンドン大学Ph.D.(疫学)。津田塾大学多文化・国際協力学科教授。著書に『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)、『オニババ化する女たち』(光文社新書)、『死にゆく人のかたわらで』(幻冬舎)、『少女のための性の話』(ミツイパブリッシング)など多数。